大豆

現在、DHAと並んで、脳の老化防止や認知症予防に
もっとも注目される食品成分といえば、

大豆などに豊富に含まれる「レシチン」です。

レシチンは、人の身体の中で分解されて、
コリンという物質に変わり、血液で運ばれて脳に吸収されます。
そしてこれが、脳内でアセチルCoAと結びついて、
神経伝達物質「アセチルコリン」を増加させると考えられています。

神経伝達物質は、脳の神経細胞「ニューロン」間で、
情報を交換する際に放出される化学物質で、
脳内にアセチルコリンが増えれば、情報伝達能力が高まり、
記憶学習能力の向上が期待できることになります。

レシチンを摂取すると、血中のコリン濃度が上がり、
さらに脳内のアセチルコリン濃度が増加することは、
動物実験でも確認されています。

レシチンの摂取が脳機能の向上や老化の防止に
極めて有効であると同時に、コリンが不足すると、
脳の老化が促進される可能性が高いことを示していると言えます

その後、アメリカで実際に高齢の患者さんにレシチンを与えた結果では、
アルツハイマー型認知症の改善効果については、
今後の研究成果をさらに見守る必要があるようですが、

日本人に多いとされる脳血管型の認知症には、
予防効果があると考えていいようです。

【業界最安値に挑戦!】大豆レシチン顆粒 250g【レシチン】【100%天然】【薬局@健康食品&コスメ専門店】 【業界最安値に挑戦!】大豆レシチン顆粒 …
2,200円
★ランキング入賞★細胞膜や脳に必要なレシチンをたっぷり摂りたい方におすすめです。
Ads by 電脳卸

 

女性へのアンチエイジング効果が注目されている
「大豆イソフラボン・サプリメント」の紹介記事は、こちらをご覧ください。

 

(参考)アマゾンのヘルス&ビューティーはこちら・・。

合わせて読みたい記事