例えば、同じ50歳なのに、
「若々しい人」と「老けた人」の差には、
何が大きく影響しているのでしょうか。

生まれてきたときは瑞々しい赤ちゃんなのに、
どうして何十年も経過すると、
「いつまでも若々しい人」と「老け込んだ人」
の差が出てしまうのでしょうか?

遺伝が影響するという学説もありますが、
食事や運動、睡眠などの生活習慣、環境要因が
大きく影響していると考えられます。

実際に喫煙者は、非喫煙者よりも寿命が短いことや、
肥満度が高い人ほど動脈硬化などのリスクが高まることが
医学的にも報告されています。

タバコは、とにかくやめましょう。

タバコは、とにかくやめましょう。

つまり生活習慣で老化の進行度や寿命が
大きく変わるということです。
常識的なことですが、アンチエイジングには、
どんな生活習慣が効果的なのでしょうか。

●早寝・早起き、夜更かしせず朝からテキパキ動く

体内時計を整えるためにも、早寝・早起きが大切で、
免疫力アップにもつながります。
早起きして気持ちよく目覚めると、
いい一日のスタートを切ることができ、仕事の効率もアップします。

夜更かしせず、朝テキパキしよう。

夜更かしせず、朝テキパキしよう。

また、良質な睡眠は、老化防止、免疫力向上など、
アンチエイジング効果を高めるために、とても大切な要素となります。
にも関わらず、現代社会においては、睡眠障害や不眠に悩む方が大変
多いという現状があります。

こうした不眠症対策に、
グリシントリプトファンという
2種類のアミノ酸摂取が有効な場合があります。
この2つのアミノ酸は、「睡眠ホルモン」と呼ばれている
メラトニンを生成する上で必要なアミノ酸だからです。
必要に応じて、サプリメントで補うのもよいでしよう。
(参考)
グリシン・トリプトファン配合!アミノ酸サプリ【スヤナイトα】
スヤナイトα

●食生活を見直そう 

過食によりもたらされる肥満は、
高血圧症や糖尿病などの深刻な生活習慣病を引き起こします。

●こちらをクリックすると、アンチエイジング・レシピがご覧になれます。

(参考)
身体が糖化しないスープレシピ11種     

●体を動かして楽しむ -運動不足と生活習慣病

生活習慣病の予防や改善のためには、 日常生活に運動を取り入れることが重要です。

ハツラツとした生活を心がけましょう。

ハツラツとした生活を心がけましょう。

(参考) 正しい生活習慣と健康を実現する トレーニングジムの情報を下記でご覧になれます。

理想の体重・体型を実現するプライベートジム RIZAP(ライザップ)

適度な飲酒

ほどほどの飲酒であれば食欲増進、
血行促進といったメリットがありますが、
過剰な飲酒は、
様々な臓器障害や アルコール依存症を引き起こし、
心身の健康を害します。

(参考)
~飲んでも太らない11の法則~

●寝る数時間前は何も口にしない

就寝の数時間前は何も口にしないようにします。
就寝前に食事を摂ることが習慣化している場合は、
すぐやめましょう。
就寝中に消化を行うのは最も身体を老化させることの一つになります。
●こちらの参考記事も、ぜひクリックしてご覧ください・その1。
●こちらの参考記事も、ぜひクリックしてご覧ください・その2。

 

(旬のオススメ広告)

★日本一のデリバリー寿司ブランドとして、お客様の満足のために
お寿司を笑顔とともに配達します。
宅配寿司 銀のさら

 

★宅配釜飯No.1『釜寅』御膳釜飯の出前・デリバリー注文はネットがお得!
釜めしの新しいおいしさ。
宅配御膳 釜寅

合わせて読みたい記事